お問い合わせ096-345-8113
サービス紹介サービス紹介

市町村での介護予防事業care prevention

  • ケアシステムの考えに基づき、地域住民の方が“住み慣れた地域でいつまでも過ごす”ことができるよう ①医学的知見を活かした運動・栄養・口腔の自己管理支援 ②介護予防事業のデータ解析・学会発表 ③介護予防サポーターの育成・インフォーマルサービスとの連携 ④介護予防普及啓発のためのツール作成 等により、各市町村に合った介護予防・総合事業の支援を行っています。
  • 介護予防

事業内容

一次予防事業

介護予防サポーター育成、ミニデイサービス事業、介護予防健診、介護予防DVD作成、報告書作成

二次予防事業

体力測定と結果報告書作成、対象者の体力に合わせた運動処方、口腔機能向上、低栄養予防・改善プログラム、介護予防ファイル作成、報告書作成

二次予防事業(運動器機能)データ解析の一例

自宅でできる簡単な体操により、身体機能、痛みや基本チェックリストに改善がみられました。

 
介入前
介入後
P
基本チェックリスト特典(/5)
3.6±0.7
2.3±1.2
<0.001
握力(kg)
20.5±5.5
21.0±5.6
<0.001
開眼片足立ち(秒)
20.2±22.7
25.3±28.5
<0.001
5m普通歩行(秒)
5.2±1.9
4.8±1.5
<0.001
TUG(秒)
9.2±3.2
8.8±3.0
<0.01
最大一歩幅(㎝)
88.4±18.4
93.0±18.4
<0.001
主観的健康感(1,2,3,4,5)
2.9±0.9
3.3±1.0
<0.001
VAS:膝(0~10)
3.7±3.3
3.2±3.1
<0.05
VAS:腰(0~10)
3.4±0.7
2.3±1.2
<0.05
  • (平均±標準偏差)
  • 2013年 日本体力医学会の発表データ

痛みの改善部位の違いにより、体力がどのように改善するかが分かりました。

 
握力
開眼片足立ち
TUG
5m通常歩行
5m最大歩行
腰の痛みの強さ1-5(n=53)
6-10(n=23)
-.106
-233
-.119
.188
-.080
.383
-.093
.195
-.069
.468
膝の痛みの強さ1-5(n=50)
6-10(n=14)
-.111
-112
-.040
-.565*
-.081
.751**
.001
.360
-.002
.654
  • 2015年 九州スポーツ心理学会の発表データ
  • *p<0.05

上記のデータ解析により、二次予防事業運動器機能向上プログラムでは、個人の体力や痛みに合わせた運動指導を行っています。

Copyright © Kumamoto Instltute of Total Fitness All Rights Reserved.
×
MENU